デリケートゾーンの黒ずみとその原因|自分で出来る予防とケア

デリケートゾーンが黒ずむ原因や予防、対策について

デリケートゾーンに出来る黒ずみの原因|自宅で出来る対策とケア方法

 

ある日気がつくと、デリケートゾーンが黒ずんでいて、「いつの間にこんな・・・」なんて、気分が沈んだ経験を持つ女性は意外と多いんです。体の中でも、デリケートゾーンは黒ずみやすい部位で、日常生活の中にも様々な原因が潜んでいます。

 

肌の色味はぞれぞれ、同じ黒ずみでも濃い・薄いの感じ方も十人十色だと思います。とはいっても、黒ずみに気づいたら、少しでも改善したいと思う女性の方が圧倒的に多いでしょう。

 

普段は、他人の目にさらされる機会が無いデリケートな部分なので、恥ずかしさが先にでて、誰かに相談しづらく、一人で悩んでいる女性も少なく無いと思います。

 

こちらのページでは、デリケートゾーンが黒ずむ原因やについてまとめました。また、ご自身で取り組める効果的な予防とケアのやり方についても解説します。

 

デリケートゾーンに黒ずみが出来る理由を知ることで、ご紹介する予防・ケア方法への理解が深まるかと思います。

 

※目次を開くと気になる項目から読めます。

 

デリケートゾーンに黒ずみが出来る主な5つ原因

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因

 

デリケートゾーンの黒ずみには、さまざまな原因が考えられます。

 

 

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因1、ムダ毛処理の影響

ムダ毛処理

 

肌は刺激を受けるとメラニン色素を作り出します。これがバリアとなり、肌への悪影響奥まで浸透するのを防いでくれます。そのため間違ったムダ毛処理を続けていると、肌のメラニンが反応し、黒ずみの原因となってしまうとされています。

 

カミソリや毛抜きによってムダ毛処理を潮ている人が多いようですが、これらによる刺激は強いため、黒ずみになりやすいのです。最近流行りの家庭用脱毛器なども、強い光を当てるためメラニン色素を作る要因となっているようです。

 

また、デリケートゾーンのムダ毛を脱毛サロンなどで行っている人でも、下処理としてカミソリや毛抜きを使う人が多いようで、やはり黒ずみの原因となってしまいます。

 

 

肌の炎症やかぶれ

 

また、乱暴なムダ毛処理は、肌の炎症やかぶれを招きやすく、後述する摩擦にも弱くなるため、切れ味の悪いカミソリやシェーバーなどにも注意が必要です。

 

炎症やかぶれと言えば、肌に合わない生理用品の使用や蒸れた状態を長時間継続するのも原因となるため、ムダ毛処理と同様に気を付けておきたいところです。

 

 

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因2、デリケートゾーンの汚れ

陰部の汚れ

 

デリケートゾーンは汚れやすい部位でもあります。その原因のひとつが月に一回やてくる生理で、分泌される下り物や皮脂汚れ成分が関係しています。

 

女性の性器は複雑なヒダ状をしていて、汚れが溜まりやすく、脂っぽい下り物や皮脂など落ちにくい汚れが残ってしまう傾向にあるため、炎症を起こしメラニン色素の沈着を招きやすくなります。

 

これが黒ずみの原因となるわけです。

 

 

3、下着など衣類の摩擦

摩擦

 

サイズが合わない下着やスキニーパンツなどのきつい衣服を付けていると、擦れやすくなり摩擦によって肌を刺激し黒ずみの原因になります。また摩擦によって肌が常に乾燥した状態になるのも、原因のひとつとされています。

 

あと、締め付けの強い矯正下着やガードルなど、サイズ感がフィットしない下着が摩擦を生じさせ、デリケートゾーンの黒ずみの原因となっています。

 

 

ゴシゴシ洗いで生じる摩擦も

 

あと、黒ずみが気になるからといって、ごしごしときつく擦るように洗い過ぎてしまうと、陰部に摩擦が生じてしまいますし、お手洗いの時に、トイレットペーパーで強く拭き過ぎてしまうのも良くありません。

 

 

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因4、ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

 

女性ホルモンは女性にとって非常に重要ですが、睡眠不足やストレス、運動不足や食生活の乱れなどによって女性ホルモンのバランスが崩れることがあります。また、女性は加齢や出産などによってもホルモンバランスが崩れやすくなります。

 

女性はホルモンバランスが乱れると体のあらゆる部分で支障をきたす恐れがあります。

 

そして、ホルモンバランスが乱れは、肌のターンオーバーも乱してしまうため、メラニンの排出がうまくできなくなるとされています。そのためメラニンが沈着し、黒ずみの原因となってしまうのです。

 

 

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因5、肌乾燥

肌乾燥

 

お風呂上りに、顔や腕、手や足などのお手入れとして、化粧水や保湿クリームを塗っている人は多いですが、デリケートゾーンに関しては特に何もしないという女性も少なくありませんね。

 

お手入れをしないと乾燥してしまいますが、乾燥した肌はバリア効果が無くなり、肌ダメージを受けやすい状態になります。これが原因でメラニンが生成され、黒ずみの原因となるのです。

 

 

自分で出来るデリケートゾーンの黒ずみ予防・ケア方法

自宅で出来るデリケートゾーンの黒ずみ対策

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策は、自宅でも手軽に始めることができます。ここでは自宅で簡単に始められる黒ずみ対策をご紹介します。

 

デリケートゾーン黒ずみ予防&ケア1、肌にやさしい下着に替える

肌にやさしい下着

 

サイズの合わないきつい下着を付けていると、摩擦によって黒ずみの原因となります。できるだけ締め付けないサイズやデザインのものを選びましょう。

 

素材は、肌に優しく摩擦が生じにくいシルクやコットンといった天然素材のものがおすすめです。また、陰部を洗ったり拭いたりする時はなるべくソフトにするよう心掛け、強く擦ったり長く擦ったりしないようにしましょう。

 

あと、デリケートゾーンは直接下着と触れていて密着度が高いため、湿りやすく汗をかいても乾きにくい状態にさらされています。吸湿性が高く速乾性に優れた下着や衣服を身に着けるようにすることで、炎症や痒みを押さえ黒ずみの悪化を防ぎます。

 

 

デリケートゾーン黒ずみ予防&ケア2、ムダ毛処理のやり方を見直す

ムダ毛処理に気を付ける

 

ムダ毛処理をする際には、清潔で切れ味の良い電気シェーバーを使うなど、方法を見直してみましょう。光脱毛などのサロンへ行く前の事前処理に関しても同じで、カミソリや毛抜きよりも電気シェーバーのほうが肌への負担が少なくて済みます。

 

剃り跡が多く残ってしまうんじゃないかと心配する人もいらっしゃいますが、長い毛はハサミでカットし、温かい蒸しタオルを陰部にあて、2分〜3分ほど経ってから処理すると意外と綺麗になります。

 

とにかく、肌ダメージや炎症、かぶれなどにも注意する必要があり、肌に合わない生理用品やザラザラするトイレットペーパーを控え、ソフトな製品を使うようにすることも結構大事で、あと、陰部が蒸れないようにすることも大切です。

 

 

ムダ毛処理の後は必ず保湿

 

ムダ毛を処理した後は、必ず保湿を行うようにしましょう。ただ、非常にデリケートな部分なので、アルコール系などの刺激成分を含んだ保湿液やクリームは避けるようにします。ジュルやローションタイプで、天然由来の素材で構成された、なるべく無添加のものを選ぶと良いですね。

 

 

デリケートゾーン黒ずみ予防&ケア3、肌を清潔に保つ

肌を清潔に保つ

 

黒ずみが気になる部分を清潔に保つことも重要です。しかしゴシゴシを強く洗ってしまうのは逆効果です。石けんを泡立て、やさしく洗うようにしましょう。

 

また洗った後は保湿をします。デリケートゾーン用の黒ずみクリームなども販売されているので、そちらを使うのもおすすめです。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐ洗い方

 

デリケートゾーンの洗い方ですが、黒ずみを防ぐには指の腹を使って強く擦り過ぎないようにします。しっかりと泡立てたソープを使い、肌への摩擦でダメージを与えないよう、柔らかく優しくなでるようにして洗います。できれば、刺激成分の入っていない天然素材のソープや、美容・美白成分を含んだデリケートゾーン向けのソープを使うとより良いです。

 

強くゴシゴシと擦るのはNGですが、洗い残しも皮脂汚れなどが残って炎症を招き、黒ずみの原因となるので、優しく柔らかく、且つ、しっかりと洗いましょう。最後に流すときも、汚れが残ってないかチェックしながら洗い流します。見づらい場合は手鏡や風呂場に鏡がある場合はそれを使って、確認しながら洗い流すと良いと思います。

 

 

お風呂上りも必ず保湿ケアを

 

お風呂上りにも必ず保湿を行うようにしましょう。ムダ毛処理の後と同じですが、非常にデリケートな部分なので、保湿液やクリームなども、刺激成分を含んだものは避けるようにします。できればこちらも、ジュルやローションタイプで、天然由来の素材で構成された、なるべく無添加のものを選のが良いですね。

 

 

デリケートゾーン黒ずみ予防&ケア4、ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整える

 

最近不規則な生活をしている、食生活が乱れている、ストレスが溜まっているなども自覚がある時はまずはそれを整えましょう。ストレスを溜めず規則正しい生活をすることが、ホルモンバランスを整えるコツです。

 

 

ビタミンC・B・Eを積極的に摂取する

 

ホルモンバランスを整えるには、ビタミンC・B・Eを積極的に摂るのも効果的です。特に、ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあるので、黒ずみの原因を抑える効果があります。毎日の食事にバランスよく組み入れるのが理想的ですが、難しい場合は天然原料のサプリなどで補うと良いでしょう。

 

 

デリケートゾーン黒ずみ予防&ケア5、美容外科で行うレーザー治療

レーザー治療

 

一番手っ取り早い方法で効果も高いと考えられるのが、美容外科などで行われているレーザー治療でしょう。数回通うだけでかなりの効果が見込めますし、早く改善したいのであれば、レーザー治療にかなうものは無いかもしれません。

 

ただ、そこそこ値が張ることや、技術の低いところを選んでしまうと、かえってシミになってしまったなんて口コミも見かけるので、僅かながらリスクもあります。また、デリケートゾーンの黒ずみだけを改善させる治療を専門にしていないことも多く、誰にでもおすすめ出来るとは言いにくいのが現状です。

 

実績があって評判の良いクリニックを選ぶのがポイントとなりますが、やはりデリケートゾーンの黒ずみ対策で安心なのは、お伝えしてきたケアの方法と、あと、良いケアクリームを併用することです。

 

黒ずみの改善に時間がかかるというデメリットはありますが、コスパは一番ですし、何よりも安全にケアできます。それに、自宅でじっくり取り組めるので、どなたにもおススメできるケア方法になります。

 

 

デリケートゾーン黒ずみ予防&ケア6、専用のケアクリームを併用する

デリケートゾーンの黒ずみに良いケアクリームの選び方

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因や、その対策としてもケア方法についてお伝えしてきました。ケア方法は原因に基づいたものなので、気長に実践していればそれなりに改善してくると思いますが、より効果的にケアするなら、デリケートゾーン向けの良質な黒ずみケアクリームを併用するとより結果を得やすいと思います。

 

出来れば、黒ずみの原因に直接アプローチできる成分構成で、その安全性もしっかりと確認されているようなものがおすすめです。また、実際に使用した人の口コミの多くで評判の良い物、それに上質な美容成分を含んでいるものが良いです。

 

あと、非常にデリケートな部位でもありますから、大量生産される化粧品に含まれるような刺激の強い成分を含まない、なるべく天然由来成分を中心としたものを選ぶほうが安全です。とはいえ、どんなケアクリームが良いかとなると、どれを選んで良いか迷ってしまうもんです。

 

で、こちらにおすすめのケアクリームをまとめておきました。取り合えず選び方に基づいて可能な限り確認しています。

デリケートゾーン黒ずみケアクリームのおすすめランキング 

▽ ▽ ▽

 

 

悩み別黒ずみクリームのおすすめ

 

デリケートゾーン以外の部位で、黒ずみのお悩みがある場合には、お悩み別でもまとめていますので、そちらがお役に立てるかもしれません。

 

黒ずみケアクリーム悩み別おすすめランキング

▽ ▽ ▽